スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外や面白い筑波山ハイクコース




久し振りに娘と二人でハイキング。



DSCN7286.jpg


じつは、娘(次女)が一緒に行くと言い出したのはこのハイクの前夜。


以前はこのブログでのキャンプやハイクレポにて登場頻度が高かったチビ。

も、今や中学生。  部活だ塾だ友達だと忙しい日々の中、まさかのハイク同行。

父として、ナンとしてもこのチャンスを逃す訳にはいきません (笑)


てことで当初から予定していた雪山ハイクは即却下。

急遽PCに向き合いながら、無理なく気軽に楽しめそうな山を吟味。




見つけました。  それも超が付くほど我が家から近場に。。




ましてや百名山だったとは驚き。 




茨城が誇る名峰、  




筑波山です。







DSCN7242_2018031214445110b.jpg


2018 3/11 AM7:30

麓からもよく見える赤い鳥居近くの市営第3駐車場に車を停め、

建ち並ぶ旅館や開店準備中のお土産屋さんを眺めながら

まずは登山口でもある筑波山神社を目指します。










DSCN7246_20180312144454b1a.jpg


神社到着。

※ 第3駐車場からここまでの道中にも筑波山神社駐車場や

お土産屋さんの駐車場が多々ありました ( 多分ですが料金同一500円 )









DSCN7249.jpg


随身門


DSCN7250.jpg


いくつかある登山ルートの中で今回選択したのは

神社から女体山頂までの距離約2,7km 標高差600m超の白雲橋コース。


なのですが、 

ここで肝心の登山口が見つかりません。

しばらく神社周辺をウロウロしながら、、










DSCN7252_20180312144542d58.jpg


見つけた!










DSCN7254.jpg


鳥居が無かったら、まずここが登山口だとは思わないですよね w











DSCN7256_20180312144545e5a.jpg


ですが鳥居をくぐるとすぐに整備された登山道が。


DSCN7259.jpg

DSCN7261_20180312144630332.jpg


白蛇弁天

ここに白蛇が住んでいるとされ、その白蛇を見ると

大金持ちになれるらしいです。












DSCN7271.jpg


この辺りから傾斜も徐々にきつくなっていきます。











DSCN7266.jpg


マーブル食べる?

と、毎度のごとく薄汚れたグローブをしたまま手渡す娘 w


もちろんいただきます <(_ _)>













DSCN7273.jpg

DSCN7274_20180312144816ba4.jpg


山頂まで残すところ1,6キロ。


以前、裏側(北側)からは初日の出目当てに登ったことはあったけど、

この筑波山登山メインとも言える神社からの登山道は今回が初体験。


DSCN7288.jpg


家から近過ぎるし、ましてや観光地っぽいイメージしかなかった筑波山。

まぁ、実際わざわざ登らなくてもロープウェイやケーブルカーに乗れば

男体山、女体山の山頂へはあっという間に着いちゃいますからね。


なので今まで完全スル― 、、 

そして完全にナメてました。


DSCN7289_20180312144917a4c.jpg



想像以上に 。。。



DSCN7286.jpg


キツイし 。。 (笑)














DSCN7292_20180312144917cb5.jpg


弁慶茶屋跡

ここはつつじケ丘から始まる登山コース(おたつ石コース)との

合流地点でもあるので沢山の方達が休憩、

dscn7295_201803121449202f7.jpg


そして景色を楽しんでます。












DSCN7303_201803121450135d6.jpg


弁慶七戻り

頭上の巨岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたとか。。


ここから女体山頂直下まで、数々の奇石怪石な巨岩群を眺めながらの

何とも飽きさせない登山道が続きます。










DSCN7305_201803121450177d1.jpg

DSCN7309_2018031214501939f.jpg


高天原

ざっくり言うとここは神様の世界だそうです。












DSCN7316_2018031214505555f.jpg


母の胎内くぐり

この岩をくぐり抜けることで、生まれた姿に立ち返ることを意味しているとか。











DSCN7317.jpg


陰陽石

相反する二つの巨岩が寄り添う姿がこの名の由来らしいです。











DSCN7318_20180312145059d01.jpg

DSCN7321.jpg


国割り石

太古の昔、神々が集まりこの石の上に線を引き

それぞれの行くべき地方を割り振ったとか。












DSCN7323.jpg


出船入船

まるで出ていく船と入ってくる船が並んでいるような姿から

船玉神が祀られています。












DSCN7327.jpg


北斗岩

天空に輝く北斗星のように決して動かないことを意味しているとか。











DSCN7328.jpg

DSCN7330.jpg


屏風岩

まさにそのまんま、屏風のように見えるからとのことです。













DSCN7331.jpg


いよいよ最後のガレ場登り。


DSCN7334.jpg

DSCN7336.jpg

DSCN7337_20180312145233db2.jpg

DSCN7342.jpg


筑波山 女体山頂 到着


DSCN7346_201803121453124d2.jpg

DSCN7347_20180312145313f45.jpg



生憎の曇り空でしたが、そんなことより登山の醍醐味とも言うべき達成感を

娘と一緒に味わえたことが、この日のなによりの御褒美だった気がしました。



DSCN7348_20180312145350660.jpg


奥のとんがり山は男体山。

その山頂のすぐ下の建物が見える場所が、お土産屋さんや食事処、

そしてケーブルカーの駅もある御幸ケ原。

女体山頂を後に、まずはそこを目指します。










DSCN7350_2018031214535346a.jpg


腹減ったね~~


DSCN7353_20180312145354991.jpg


うどん美味そうだね~


DSCN7357_20180312145355f69.jpg

なんて話ながら御幸ケ原に到着。

とりあえずケーブルカーの出発時刻を確認してみると

10分後に発車とのこと。


もはや二人とも歩く気ゼロ (笑)

ましてや未だ未経験のケーブルカーが目の前に。









DSCN7358.jpg


乗車 w


DSCN7360.jpg


発車。


DSCN7368_20180312145432b18.jpg


ワープ w


DSCN7370_20180312145434225.jpg

10分足らずで、、









DSCN7372.jpg


筑波山神社到着 。









DSCN7378.jpg


神社境内を出てすぐの神田屋さんにて、筑波山では名物らしい

つくばうどん+ふくれ蜜柑風味の味噌がかかったコンニャクを堪能。

ごちそうさまでした。

ここで食事後に知ったことなのですが、この神田屋さんも駐車場料金は

市営駐車場と同額の500円。 なのですが、

参拝後、もしくは登山や観光後にここで食事をすれば駐車料金無料だそうです。


娘と二人、 『 神社目の前だし、ここにすれば良かったね。。 』 (笑)



DSCN7380.jpg


そしてPM12:30 駐車場に着いたらナンと、、 駐車場空き待ちの車がズラリ。

帰りの車道も我が家は下り方向なのですんなりでしたが

神社を目指す上り車線は麓まで約3キロ、ほぼ身動き出来ずの大渋滞でした。


じつは今月末あたりまで、つくば梅まつりが開催されてるんですよね。

もし近々筑波山へ行くご予定の方、到着は極力早目がおススメです。






DSCN7376.jpg


そう言えば下山後に神社境内で見た 『 ガマの油売り口上 』 

なんだか迫力あって面白かったな~  

拍手喝采だったし (^^)



おしまい




にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。