FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の那須岳ソロハイク

久々に雪山を歩きたくて一週間前から週末の予報を

お天気サイトとにらめっこ。

( てんきとくらす・ウェザーニュース・日本気象協会・Yahoo!天気等々 )

日帰りで行ける範囲内の山々はどこもかしこも晴れ☀予報。


DSCN7129.jpg


ちょっと遠いけど群馬長野方面の谷川岳、武尊山、北八ヶ岳の山々も魅力。

でも近場の栃木県の日光白根山、社山、大佐飛山、那須岳も捨てがたい。



そんなワクワク感満載な予定を決めかねながら  前日の夜(土曜日)は

お久し振りな地元の友人や先輩達との楽しき夜宴。





そして当日(日曜日)の朝。。





なんと驚き朝寝坊!






てことで一番近い那須に決定でした w









DSCN7071.jpg

2018 3/4 那須 大丸温泉駐車場


車での茶臼岳や朝日岳登山の場合、

通常ロープウェイ山麗駅駐車場、もしくはその少し上の

峠の茶屋駐車場に車を停めてのスタートとなりますが、

この時期は冬期通行止めにて手前の大丸温泉登山口が

登山スタート地点となります。

※ AM10:00撮影 駐車場はスキーヤーとハイカーさんでほぼ満車状態でした。










DSCN7072.jpg

大丸温泉登山口

天気は快晴☀ 最高のコンディション。


なのですが・・・










DSCN7086_2018030514095746a.jpg

な、なんとアイゼンを忘れました!

もちろん車にではなく自宅にです (笑)


しばし自分の不甲斐無さに呆然でしたが、、 

んなこと悩むより大事なのは今この事態をどうすべきか! 


さぁどうすべか!



。。。



とりあえずワカン装備で行けるとこまで行ってみることに ^_^;













DSCN7074.jpg

登山道からアスファルトの車道へ出て、




DSCN7080.jpg

ショートカットの雪道へ入り、




DSCN7076_20180305140854994.jpg

また車道へ出てを何度か繰り返し、






DSCN7085.jpg

冬期運休中のロープウェイ山麗駅に到着。






DSCN7087.jpg

ここから峠の茶屋駐車場まで続く道路は、、


完全に雪で埋まってますね。









DSCN1583.jpg

ロープウェイ駅から峠の茶屋へ続く林道 (夏に撮影)

DSCN7090_201803051410311d1.jpg

ロープウェイ駅から峠の茶屋へ続く林道 (今回撮影)


同じ場所とは思えんですね w


このたっぷりな積雪のおかげでワカンもその機能を十二分に発揮してくれています。

写真はありませんが ここでスノーシューを楽しんでる方達に遭遇。

いいな~  ちょっと欲しいかも♪






DSCN7093.jpg

峠の茶屋駐車場到着。


いつもならこの駐車場に車を停めての登山準備、スタートですが


もはやこの時点でクタクタ、 既にゴールした気分、、


いや、 ここをゴールにしたい気分です w








DSCN7101_20180305141108596.jpg

毎回くぐる山の神様の鳥居も今回はくぐれませんね。

ここから続いているはずのくねくね曲がった

石畳の登山道も積もりに積もった雪の下。


なのでとりあえず鳥居の横をすり抜け 後方の斜面を直登です。









DSCN7103.jpg

斜面を登りきると多くの先行者さん達のトレースがしっかり残っていたので

登山道は見えずとも山中で迷うなんてことはありませんでした。

( これにはホント感謝です )










DSCN1370_20180309061617585.jpg

夏に歩いた登山道も、、









DSCN7105.jpg

すっかり雪に埋もれて尾根が形成されてます。 

尾根歩き楽しい。








DSCN7116.jpg

森林限界を越えると







DSCN7193.jpg

暑い。








DSCN7123.jpg

前方に見える小屋からはハイカーさん達の楽しそうな笑い声が。


とはいえここは慎重に。










DSCN7125.jpg

峰の茶屋跡避難小屋に到着。


この小屋に初めて訪れたのは今から8年前。。

それから何度も来ていますが(多分二桁)

同じ季節でも毎回違った雰囲気を感じさせてくれるスポット。

いつかこの小屋に泊まっての一泊ハイクなんてしてみたいものです。

※ あくまでも避難小屋ですので緊急時以外は宿泊禁止ですけどね w







DSCN7192.jpg

剣ケ峰と朝日岳








DSCN7170.jpg

ズームして見てみると雪の斜面を歩いてる方が。

見てるだけで怖い。  

私には多分一生縁のない行動ですね ^_^;









DSCN7136_201803051412312f7.jpg

絶景を堪能しつつ、 この先は強風で雪が飛ばされ岩肌が凍りついた

茶臼岳か朝日岳を登るしかないので、ワカンのみでのハイクはここで終了。

でも、 想像以上の積雪にてワカンのみでもここまで楽しめただけで儲けもんです。









DSCN7169.jpg

非常口から小屋の中へ。










DSCN7144.jpg

小屋内には所々雪が吹き込んで固まってます。









DSCN7162_20180305141309b65.jpg

そうなんです。 このスポットは夏場や紅葉時期はハイカーさんはもちろん、

ロープウェイ経由での観光客で大混雑の人気スポットですが、 

じつは火山群のど真ん中なんですよね。

目の前の茶臼岳は今なお激しく噴気活動してますもんね。









DSCN7168.jpg

避難小屋の中の温度はマイナス1度。

マイナスとはいえ室内は少量ですが太陽の光も差し込み暖かったです。









DSCN7161.jpg

お楽しみの昼飯タイム。

簡素なランチですがやっぱ王道(カップヌードル)は裏切りません。

美味すぎる。









DSCN7174.jpg

PM2:00

小屋周りでそれぞれに楽しんでたハイカーさん達も撤収しはじめました。

ということで、

ワカンをザックに括り付け茶臼岳を横目に下山開始。








dscn7194_20180305141416068.jpg

シューズのみで滑り降りながらの下山がまた楽しい。

何度か尻もちついたけど w









DSCN7211.jpg


DSCN7201.jpg


DSCN7216_20180308174506b52.jpg


DSCN7234_20180305141707036.jpg

楽しい時間はあっという間。

寝坊したりアイゼン忘れたりとバタバタな感じのハイクでしたが、

結果的に那須岳に来て良かったと真に思えた休日でした。







20180306_141317.jpg

ここで余談ですが、今回活躍してくれたワカン。

MAGIC MOUNTAIN トレースライン Lサイズ

フレーム枠の前部分が反りあがっているので登りでは特に扱いやすかったです。

サイドの爪(歯)もステンレス製でしっかりした作り、

ましてや爪は交換可能とのこと。 

今後もこのギアとは長い付き合いになりそうです。







DSCN7241.jpg

帰りは那須を訪れたら必ず寄るお店 【 瑞穂蔵 】さんにて

お土産に那須で生産されたお米と温泉卵を買い家路へ。








DSCN7190.jpg


次回のハイクまでに用意しなければいけないものは


とにかく 『 持ち物チェックリスト 』  ですね (^^ゞ


おしまい



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。