スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手斧 GRANSFORS BRUK SWEDEN

キャンプにて火を熾す際 、

自分は毎回 太いままの薪をガスト―チバーナー全開で炙り続け

無理やり燃やしてます 。   が 、、


DSCN8321.jpg


ここ最近のキャンプ、 仲間達が何やら楽しそうに手斧でサクサクと

焚き付け用の薪を作る姿を目の当たりにすること多々 。。

おかげで着火もバーナーなんぞに頼らずとも燃えるわ燃えるわ w


てことで 新年早々 近隣の薪ストーブ屋さんにお邪魔 、

斧について色々と説明を受けながら 、焚き付け用の片手斧を購入させて頂きました 。









DSCN8313.jpg


GRANSFORS BRUK ワイルドライフ


DSCN8316.jpg


ベルトにぶら下げることも可能な本革ケース付き









DSCN8334.jpg


刃渡り 80㎜ 柄長 345㎜ 斧頭 400g 柄 ヒッコリー材









DSCN8345.jpg


斧頭に刻まれた2つの刻印 。

左の王冠はスウェーデン王室認定刻印 。

右の 『 M M 』 と刻まれた刻印は製作者のイニシャル 。

※ 約20人いる職人さん達の中 、マッチアシュ・マッツソン という方らしいです 。










DSCN8365.jpg

仕事柄 鉈は数本所持してるので 時々刃を研いだりもするのですが、

この斧の刃先が鉈等同様に鋭利だったのには驚きでした 。











DSCN8381.jpg


ここでちょっとレザー遊び 。











DSCN8396.jpg


気休め程度な物ですが レザーネックガード 。











DSCN8392.jpg


今後の外遊び 。

細やかながら 、楽しみがまたひとつ増えました (^^ゞ





にほんブログ村






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。